緑汁・青汁・違い

緑汁と青汁。いったい何が違うの?

一瞬混同しがちな緑汁と青汁。いったい何が違うのでしょうか?

 

緑汁の主成分は、「ミドリムシ」。

 

藻の仲間でありながら、植物と動物の両方の栄養素を併せ持つ不思議な生物。

 

栄養面から述べると、

 

緑汁・・・野菜と動物(肉/魚)の栄養素が同時に取れる。

 

青汁・・・野菜だけの栄養素が取れる。

 

消化吸収面からのべると、

 

植物(野菜)には「細胞壁」があり、食べても消化吸収率が悪い。

 

動物(肉/魚)には「細胞壁」はなく、食べると消化吸収率がよい。

 

そしてミドリムシには、細胞壁がない点を考慮すると、

 

緑汁・・・吸収率が非常に高い。吸収率93.1%(実験データーによる)

 

青汁・・・吸収率が悪い

 

これらの点を考えると、

 

緑汁の方が青汁よりも野菜と動物の栄養素を効率よく摂取できる事がわかります。

 

 

>>【送料無料】栄養豊富なユーグレナ(ミドリムシ)入り新しい青汁「緑汁」お試し\500